フォレストダイアリー

境界【フカサワ】

深澤 由浩 自己紹介へ
2015/02/22(日) 深澤 由浩

皆さん、自宅や所有地の隣地との境界(地境)は明確になっていますか?

境界杭はきちんと入っていますか?

先日、春先に着工する計画地の境界立会いに行ってきました。当日は、土地家屋調査士さんと

市役所の方(道路境)、隣接地主様、計画地地主様が立ち合い確認をしました。

今回の計画地は、きちんと境界杭や地境に構造物(擁壁等)が入っていたので確認する程度で

問題なく済みました。

しかし、私たちがこれまで計画してきた中には、スムーズにいかないケースもありました。

特に農地の場合(畑や田んぼ)地境の目印がない場合が多く、「昔ここに気が植わっていて、

そこが境だと先代から聞いている!」とか、「昔勝手に耕作地を広げられた!」「境界杭を

勝手に動かされた!」等お互いに意見の主張があったり、食い違っていることもよくあります。

境界については代(所有者)が変わると本来の境界(地境)が分からなくなったりして大切な資産を受け継いで行く子や孫が苦労することになります。

皆さんも所有者が元気なうちに境界を明確にしておいたり、次の世代の方々にきちんと

話をしておくことが大切ですので、今から行動を起こされることをお勧めします♪

 

 

 

記事一覧|深澤 由浩

ページトップへ