フォレストダイアリー

違った世界

2007/05/17(木) すべて
昨日、映画の「眉山」を観にいきました。母親役の宮本信子さん、娘役の松嶋奈々子さん。きっとみる人によって、この二人の女性の見え方はちがうのだろうと思います。以前、松嶋奈々子さんもインタビューで、「自分が母親になった今、母親の気持ちに近いため、娘を演じるのが難しかった」と言っていたそうです。
最近、私自身も人生のある節目をむかえ、物事をみる角度が、変わってきているのを感じます。
同じ景色やニュースが、今までとはまた違った視点でみているのです。例えば、毎日健康でいられること、こうして仕事をして、社会人のひとりとしていられること・・・こんなあたりまえのことが、とてもありがたく思えるのです。
身近な人の死、結婚、出産など、人生の節目を向かえるごとに、人は物事のとらえ方が変わってくるのかもしれません。
この一瞬を、毎日大切に過ごしていきたいですね。
PS・・営業所のチューリップとイチゴが冬をこして、花と実をつけました!

記事一覧|2007年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ