フォレストダイアリー

コロナ禍で固定資産税が負担軽減される?

西津 未優南 自己紹介へ

コロナ禍で補助金や税制優遇など様々な制度が発表されていますが、土地の固定資産税においても、税制改正が発表されました。

通常、土地の評価は年度の1月1日時点で、3年に一度評価替えが行われますが、今回の税制改正では、商業用、住宅用土地において、評価が上がった土地については、昨年度の税額に据え置きされます。

昨年度1月1日時点では東京オリンピックを控え、土地の評価が上昇傾向にあったので、その後のコロナ禍での経済の乖離を防ぐための措置のようです。

なお、評価が減った土地については、減額した税額が適用されます。

それぞれの市町村のホームページにも掲載ありますので、気になる方は、"固定資産税負担調整措置" と検索してみて下さい!

 


もっと詳しく知りたい方は

①お近くのモデルルーム/ショールームへご来場ください!

鉄筋コンクリート造賃貸住宅モデルルームの来場予約はコチラから

戸建賃貸住宅モデルルームの来場予約はコチラから

賃貸住宅のトレンドが分かる♪ショールームの来場予約はコチラから

②まずは資料請求からでもどうぞ*

詳しい資料はコチラから

③Facebook/Instagram始めました♪

④お電話からでもご相談承ります。

お電話からでもご対応します♪

長野支店/026-254-5585

松本支店/0263-40-5002

土地活用の良きパートナーになれますように…**

記事一覧

1ページ (全224ページ中)

ページトップへ