賃貸マンション経営のメリット

「保有」から「活用」へ

「使い方次第で土地の価値が大きく変わる」-それが現代の不動産事情です。土地を保有するだけで価値があった時代は終りを告げ、税制や法規制の改正により、却って保有すること自体が負担になるケースも出てきています。

賃貸マンション経営は、節税効果と安定収入をもたらす非常に有効な選択肢。しかし多くの地主さんが、少子高齢化や賃貸物件の借り手市場への移行を受けてなかなか経営に踏み出せないでいるのが現実です。

将来にわたって本当に資産価値が高く、入居者に喜ばれるマンションとは? 私たちは「信州の街づくり」を通じて、先祖代々の土地を未来に継承するお手伝いをしたいと考えています。

 

マンションを建てると何故良いの


 相続税対策

「若い代が考えれば良いことだよ。」
「うちは物納するつもりだよ。」
「現金で払えるくらいの預金はあるよ。」
「生きているうちに死んだときのことなど」


 固定資産税・都市計画税の軽滅

「うちの駐車場、あまりとまってないんだよね。」
「税金を払えば、手元に残るお金なんて少しだよ。」
「区画整理があったけど、当分は田んぼを続けるよ。」


 老後年金としての家賃収入確保

「これからは年金はあてにできない時代だな。」
「個人年金を積み立てているから心配ないよ。」
「このままじゃ住宅ローンの返済計画を見直さないと。」


 農業後継者対策

「息子も農業やりたくないって言ってたな。」
「田んぼの収入なんてしれている。米は買ってきたほうが安いくらい。」
「最近は自分も正直しんどい。」

 

 

 

鉄筋コンクリートマンションについて|メリット

ページトップへ