なぜ今戸建賃貸なのか?

1, 景気の影響を受けない

ニューリッチ賃貸族(※)は不景気の影響を受けません

景気の悪化に伴って、賃貸アパートの空室が目立ってきています。特に影響を受けているのは、 ワンルームタイプの木造・鉄骨造アパート。人材派遣会社に一括貸しの物件は、空室が多数見られます。フォレストウィングマンションおよびフォレストウィングヴィラは1900室長野県中南信に建設してきましたが、現在の入居率は98%です。地元有力企業・医療関係にお勤めの入居者が多く、景気の影響を受けていません。入居者層を考えた賃貸経営がこれからますます重要になってきます。


※ニューリッチ賃貸族とは、20~40歳代の優良なお勤め先で、経済的に高い所得を得ていて、賃貸住宅に贅沢感や快適性、高水準のグレードを強く求めている方々のこと。

 

2, 需要80% 供給1.4%

戸建賃貸のバランスがくずれています

流通している賃貸物件の中で「戸建賃貸」はわずか1.4%にすぎません。一方、国交省調査の平成17年度土地白書によると、「住まいの望ましい形態」は全国で77.7%、地方圏では81.2%が戸建て派です。

つまり、「戸建賃貸」に住みたい人が8割いるのに対して、流通している「戸建賃貸」は1.4%程度しかない状況にあります。

 

3, 持ち家感覚の住まい

入居者から絶大な人気を誇っています

デザイナーズ戸建賃貸は、アパートマンションでは考えられなかった生活が可能です。

  • 上下左右の生活騒音に悩まされない
  • 住むのに十分な広さの間取り
  • 自分専用の庭がもて、ペットも飼育可能
  • 自分専用の敷地内に駐車場がもてる
  • 趣味室を持ちたい、映画や音楽を大音量で楽しみたい
  • 若い人の感性に合う外観デザイン
  • 専用庭でバーベキューや花火を楽しみたい

4, 長期間安定

入居期間が長く老朽化しても需要があります

単身者層は何かと生活環境が変わりやすい傾向がありますが、ファミリー層は単身者に比べると落ち着いているため入居期間が長い。

また地域に戸建賃貸物件が全くないわけではないのですが、古い物件でも入居中だから掲載されないのです。

つまり戸建賃貸層にとっては新しくて狭いアパート・マンション(※1)より古くても広い戸建賃貸(※2)を選択するので老朽化しても需要があるのです。


※1 通常のマンション・アパートの居住年数は5年以内が61%

※2 戸建賃貸の居住年数は、5年超が約65%以上、新築時に入られた入居者様が長期で借りて頂けるケースが多いようです。

 

 

ヴィラ経営のメリット なぜ今戸建賃貸なのか? ヴィラの特徴

ページトップへ