資産活用提案書のご提案まで

2ヶ月

フォレストウィングマンション事業の市場性調査

私たちは土地をお持ちの全ての方に、賃貸マンション事業をおすすめするわけではありません。まず最初に私たちは地域の人口動態・利便性・既存アパートの入居状態を調査し、賃貸マンション事業が成り立つ地域を選定します。お客様のお宅を一軒一軒訪問するその前に、私たち自身が自信を持っておすすめできる立地がどうかをしっかりと調査・分析する。お客様へのご提案はすでにここから始まっています。

ここまでのご提案は無料です
 
2ヶ月

市場診断報告書のご提示

選定された地域に土地をお持ちのお客様に対して、その土地が入居者の方とって本当に暮らしやすい場所であるのか、賃貸マンションを計画するならどの様な間取りでどれくらいの規模が最適なのかを調査し、提示します。
●計画地周辺の交通アクセス
●商業施設・医療施設・教育施設の利便性
●既存アパートの入居率・家賃設定・間取りや構造別の割合 等

フォレストウィングマンションのご説明
レントライフの入居者募集・入居者管理のご説明
フォレストマネジメント35のご説明

市場診断報告書の結果を根拠として私たちがご提案できるフォレストマネジメント35(35年一括借り上げ)についてご説明いたします。さらに、そのシステムを支える高品質な建物と建築後の管理システムについてもご説明いたします。

金融機関への融資審査申込み

市場診断報告書によるデータをもとに金融機関と折衝し、マンション事業への融資が可能かどうか金融機関の判断をあおいでいます。申し込みの結果、融資実行不可能であった場合、ご提案はここまでとさせて頂きます

【融資不可の場合】

融資審査の申し込みをして、金融機関の了解が得られなかった場合は、ご提案はここまでとさせて頂きます。

敷地環境調査の実施

専門のスタッフが実際に計画地を測量し、正確な敷地の形状・面積を図面におこします。
測量時にはお客様にもお立会いいただき、境界の確認等をしていただくことにより、より正確な図面・事業計画へと反映させます。また、役所調査も同時並行で行い、賃貸マンションを建設するにあたって法的な支障がないかを確認し、ご報告させていただきます。

敷地環境調査のご報告
土地活用プランのご提案

市場環境調査の結果を基にその土地に最適な間取り・規模での計画をご提案いたします。
お客様の意見を反映したい点があれば遠慮なくおっしゃってください。

完成物件のご見学

ご提案したプランに近い実際の完成建物をご見学いただきます。お客様の目で間取りや設備仕様をご確認いただけるので建物に対するイメージが少しずつ明確になってきます。また、建てた後の管理体制についても管理会社レントライフの専門スタッフがご説明させていただきます。さらにフォレストコーポレーション本社にて、会社やスタッフの姿勢も是非ご覧いただきたいと思います。

 

建築工事請負契約

資産活用提案書の内容にご納得いただけましたら建築工事請負契約をちょうだいします。

 

 

着工前まで

2ヶ月

ボーリング調査

地盤調査を行い、その結果、必要であれば地盤改良及び杭工事の追加工事の算出をいたします。

土地建物賃貸借契約

事業計画(ご予算・返済計画・査定リース料)・融資条件等をご確認いただき契約となります。

各種事前協議・申請業務

自治体事前協議・農業振興地域除外申請・農地転用申請・建築確認申請等を行います。

 

お引渡しまで

5ヶ月

着工式・着工

営業担当者とのコミュニケーションは充分であっても、実際に工事に携わる業者とのコミュニケーションはなかなかとりづらい…という不安を取り除く為に、建設開始段階には「着工式」を行います。これはお客様を始め、施工スタッフ、施工業者が一同に会して“顔合わせ”を行い、設計コンセプトや作業工程、安全対策などについて全員の意思統一をはかるためのもの。そしてお客様にも事業に対する想いや要望をお話しいただきます。こうすることで、お客様とつくり手が顔を見知って工事を進めることができるため、施工業者の心配りも格段に違ってきます。

地縄確認・地鎮祭

敷地の境界、建物の配置等を現地で確認していただきます。地鎮祭を行い、工事の安全を祈願します。その後、近隣挨拶を行い万全を期します。

入居募集開始

着工と同時にレントライフにて入居者募集を開始します。

各種検査

フォレストウィングマンションは、お客様お立ち会い検査3回、マネージャー立ち会い検査9回、工程内検査69回という厳しい検査をくぐりぬけた確かな品質の鉄筋コンクリートマンションです。

 
2ヶ月

お引渡し・入居開始

細部までご確認の上、検査に合格した建物をお客様にお引き渡しします。
なお、表示・保存登記が必要となりますが、司法書士は弊社でもご紹介いたします。

 

経営開始後

1ヶ月

開業届の提出

経営開始1ヶ月以内に納税地の所轄税務署に「個人事業の開業等届出書」を提出します。
これによって税法上、賃貸経営を開始したことになります。

2ヶ月
 
 

青色申告等の申請

●青色申告をする場合には、経営開始2ヶ月以内に、納税地の所轄税務署に届出をしてください。
・青色申告の選択→「青色申告承認申請書」
・青色事業専従者給与の支払い→「青色事業専従者給与に関する届出書」
●不動産取得税の軽減にあたっては、建物完成後2ヶ月以内に、納税地の所轄の都道府県税事務所で手続きをして下さい。

【マンション建て替え等の場合】

既に、賃貸経営をされているケースでは、白色を青色にするなど、内容を変更する場合、届出の期限が青色申告をしようとする年の3月15日までとなります。(確定申告の締切日ではなく、申告の対象になる年の3月15日)

   
 

確定申告

●不動産所得は、この年の1月1日から12月31日までにおける分を、翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告することになります。

確定申告についてはオーナー様対象の「確定申告勉強会」の開催でバックアップします。又、毎月送付される「リース料お支払い明細書」も保管されておくと、申告時に便利です。

 

 

ページトップへ