フォレストダイアリー

ある日のこと・・・

2006/02/25(土) すべて
私は今駒ヶ根に住んでいるのですが、最近毎週「早太郎温泉」に入っています。先日、いつものようにこぶしの湯へ行った帰り、車が側溝にはまってしまいました。すると、通りすがりの青年が、下山して車屋さんをよんできてくれました。大型トラックで牽引をしてくれて、無事車は助かったのですが、その車屋さんは青年の友達らしく、お金は要りませんと帰っていきそうになりました。そこで、せめて働いている所だけ教えていただこうと思い、車屋の名前と、その青年が農業研修にきている、「しなのグリーンファーム」の場所を教えてもらいました。後日お礼に伺うと、グリーンファームのおかあさんが、「は~、あのこもそんなことできるかね。せっかくきたんだからこれ持ってかし」と言って、きれいなカーネーションをくれたのです。そのカーネーションが、あまり見たこともないオレンジや薄いピンクの花で、とってもとってもきれいでした。どうやら青年は長崎から3月までそこで研修しているようです。結局名前もきかなかったのですが、ファームのおかあさんにも、「いつでも寄りなさい」と言っていただいて、なんて温かい人たちなんだろう・・・とほっとしたエピソードでした。オチはありません。すみません。

記事一覧|2006年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ