フォレストダイアリー

地域の活性化のために(北原)

北原 孝一 自己紹介へ

最近お打ち合わせをしているお客様の中には、古くなったアキ家やアパート、貸家についてどうしようかお悩みの方が大変多いです。

何年も大切に使ってきた資産ではありますが、いずれは何かしなければいけないと皆様お考えでいらっしゃいます。

何とかしなければいけない理由の中では、経済効果などの事もあれば、地域の活性化の為にお考えの方もいらっしゃいます。どういうことかと言うと、古くなり管理が行き届かなくなれば近隣の方たちが受ける印象も悪くなり、空き巣に狙われやすくなる恐れもあります。

私たちは、お客様の古くなった建物を高い品質やデザイン性を持った賃貸住宅にお建て替えすることで、地域の活性化に繋がると考えております。住み心地の良い建物、おしゃれな建物、管理が行き届いている建物には人が集まります。人が集まれば、またそこに人が集まり、さらに人が集まる。地域は活性化していくのです。

古くなった資産をご所有の方は、長野県の賃貸住宅を改革するフォレストコーポレーションに是非一度ご相談ください。

きっと笑顔になるような計画が見つかりますよ。

記事一覧|2014年10月

ページトップへ