フォレストダイアリー

寒さとコンクリート【宮坂】

宮坂 拓見 自己紹介へ

こんにちは。松本支店の宮坂です。

 

最近僕の住む安曇野は朝霧がグッと濃くなって寒さを一層強く感じるようになりました。

安曇野から松本への通勤途中、西の空に大きくてクッキリとした虹が掛かっていました。

勝手に虹=夏のイメージを持っていたのでなんだか新鮮で、少しワクワクしました。

 

寒くなってきて、多くのお客様からこんな言葉を頂きます。

 『冬のコンクリート工事って大丈夫?』

当社は鉄筋コンクリート造のマンションも手掛けているので、皆さん気になりますよね。

 

コンクリートは水が大切で、その性質上、暖かければ早く固くなり、寒ければなかなか固くなりません。

その為、冬はより高い強度のコンクリートを打ったり、長めの養生期間(固める為の時間)を設けたり・・・

 

コンクリート造は、強さのイメージがあるかと思いますが、きちんとした施工技術があってこその強さです。

当社は冬に取り分け寒い長野県の企業としてもそういった品質管理には気を付けています。

 

施工現場見学もご相談受け付けておりますのでお気軽にお声掛けください。

 

記事一覧|2018年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ